hoaトレ60分

hoaトレ60分第6回目開催しました!

6月19日13時から14時にかけて、hoaトレ60分第6回目を開催しました。

当日は、9名の方と一緒に、「ぼくが考えたオンラインマナー」と題したワークショップを実施しました。ここ1年半くらいで、急速に浸透したオンライン会議、さまざまなマナーができつつあります。今回は、そのマナーをみんなで一緒に考え、体感しました。

まず、今回のワークショップを企画した青野さんが考えたオンラインマナーを実践しながら、会話に参加しつつ、青野さんがどんなマナーに配慮して会話をしていたかを当てることをしました。

画像を見ながら、青野さんが実践しているオンラインマナーは何か、一緒に考えてみてください!

ぼくが考えたオンラインマナー

・水分をとるときには後ろを向く。

・画面上で年長者が映っているところを見ていた。(ななめを向いている)

・感想をチャットで書き込んでいた。

・オンライン会議では長袖を着用。

・発言をするときには、へりくだってから行う。

・あいづちは大げさに。

・進行役には賛辞を述べる。

途中で、会議を退席する時には、シャ乱Qの「ズルい女」の「ばいばいありがと~さよ~なら~」の部分を歌って、退席するという新しいマナー(ここだけのマナー)も紹介されました。

歌い終わったところで、退席された瞬間です。

その後、参加者が考えたオンラインマナーを実践して、それをみんなで当てました。この画像でも、その中の一部が実践されています。

みんなが考えたオンラインマナー

・会議に参加する時は画面オフ。
会話への反応は、リアクションで行う。
離席する時には、名前の後に@離席中などと入れる。

・正面だと話しづらいので、わざと体を斜めにする。

・目を合わせて話をしたいので、話者をカメラの下の位置に移動させる。

・スマホをマナーモードにしておく。

・発言が終わったときに「以上」と言って、終わりが分かるようにする。

・人に見られたくない場面では、ビデオ停止をする。

・大勢の参加者がいる会議では、スピーカービューにして、発言者が分かるようにする。

hoaトレ60分第1期は今回で、終了!でしたので、最後に6回参加した人へ、A代表から表彰状が贈呈されました。私は、スタッフだったんだけど、「欲しい」とおねだりして、賞状をもらったので、公開しちゃいます。

hoaトレ60分第1期、始まるまではドキドキでしたが、始まってみればあっという間で、楽しい時間が過ごせました。hoaトレは第2期も開催しますので、どうぞお楽しみに!

(篠田貴子)

不定期でメルマガ発行中。 ぜひご登録ください。